熱処理治具(ロストワックス製法他)の提案、設計及びロストワックス精密鋳造部品の販売

設計・技術

素材について

お客様の熱処理設備、仕様条件、熱処理治具製造方案により、熱処理治具に用いる材質は変わってきます。打合せやヒアリングを元に貴社に推奨する材質を選定しご提案いたします。

ロストワックス精密鋳造用

【材質・公差基準一覧表が閲覧できます】

material-list.pdf (75KB)

ファイルの展開には、adobe readerなどpdfファイル閲覧ソフトが必要です。

熱処理治具の設計について

 

“安定したワーク品質” “処理数UP” “治具精度” “軽量化” “高寿命化””コスト低減” etc…
すべてはお客様のために、社会環境のために熱処理治具を日々進化させること。今ある「最善」に満足をしないこと。それが熱処理治具の設計に携わる私たちの使命だと考えます。熱処理治具をトータルに設計する弊社ならではの持ち味を存分に発揮させていただければと思います。

熱処理治具 設計から納入までの流れ

打合せ

  • 依頼目的、現場環境、熱処理設備仕様確認
  • ワーク図、ワーク形状、姿勢の確認
  • 予算計画
  • 予定納期までのスケジュール確認
  • 治具製造方法のご提案

設計

  • 打合せ内容を元に設計開始
  • ヒアリング&ご提案
  • 解析(強度・熱膨張)

最終図面確認

  • 治具図面、組立図の最終確認
  • ワーク姿勢、ワーク処理数、グロス重量のご報告
  • 見積提出
  • 納期確認

正式受注

  • 受注・図面提出

製作

  • 各種、製作方案にて製作開始・ ロストワックス精密鋳造品

    ・ 砂型耐熱鋳鋼品

    ・ ステンレス溶接製缶品

中間報告

  • 進捗情報
  • X線検査(ロストワックス製品等)
  • 中間検査
  • 問題点等の確認報告

最終検査

  • 外観検査
  • 寸法検査
  • ゲージ検査

▲ページ先頭へ戻る