熱処理治具(ロストワックス製法他)の提案、設計及びロストワックス精密鋳造部品の販売

最新情報

市制施行による住所変更のお知らせ

平成24年1月4日より、愛知郡長久手町から長久手市に市制施行されました。

それに伴い、弊社住所もが下記のとおり変更となりました。

【旧住所】 愛知県愛知郡長久手町長配三丁目510番地

【新住所】 愛知県長久手市長配三丁目510番地

郵便番号、電話、ファックス番号の変更ありません。

大阪営業所設立のご案内

初冬の候貴社益々ご清栄のこととお慶び申し上げます。

この度、下記住所にて株式会社イツワ工業大阪営業所を開設し

12月1日より業務を開始する運びとなりました。 

今後とも倍旧のご支援ご鞭撻を賜りますようお願い申し上げます。

大阪営業所:所在地
住所:〒577-0045 大阪府東大阪市西堤本通り東1丁目1-1
         東大阪大発ビル610

TEL:06-6783-0902
FAX:06-6783-0903

大阪営業所:営業部長 松田重行


大きな地図で見る

【ご連絡】中国 国慶節 中林工場の営業期間

中国にて10月1日~9日まで国慶節の連休がありますが、大連中林精密鋳造有限公司
では10月4日~7日の間は営業致しております。

英語サイトオープンしました。

弊社英語サイトを公開しました。
下記URLよりご覧いただけます。
http://www.itsuwakogyo.co.jp/eng/

被災地へのエール

東日本大震災が発生して今日まで、国内外を問わず様々な方面から被災地の方々へ向けたエールが届いていますね。
 
その中でも目に留まったのが、先日行われたヨーロッパのスペインでのサッカーの試合、バレンシアというチームが、日本の震災の犠牲者を悼み、選手のユニフォームの背ネームを日本語のカタカナ表記とし、そのユニフォームを着て試合に臨んだそうです。
 
世界中の人たちから様々な形で送られる温かいエール、すべての人が一日も早い復興を願う今、皆が手を取り合って一日も早く元気な日本の姿を見せれるといいですね。
 
そのためには、一人ひとりが『できること』から ・・・ Take Action !!

東日本大震災の被害にあわれました方々へ

この度の東日本大震災におきまして、

被災されました皆様、御家族、御友人、

すべての方々に社員一同心よりお見舞い申し上げます。

一日も早い被災地の復旧を心から祈念致します。

第六感

勘が鋭い人っていますよね?

勘が鋭い=第六感?なのでは・・・と思います。

人間の五感の上に第六感というのはあるそうです。

因みに五感とは、動物や人が外界を感知するための多種類の感覚機能のうち、
古来からの分類による5種類「視覚、聴覚、触覚、味覚、嗅覚」を指すみたいです。

五感を磨くことが大切で、身体中の感覚、感性を鋭くしておくことが第六感に繋がる。
感受性のアンテナをいつも磨いておくことも大切です。

単純に言うと、ぼーっと生きていたらいけないということでしょうか。

常に神経を張りつめているのは大変ですが、たまに意識するだけでも違うかもしれませんね。

金型の経済性

本日は金型についてご紹介を~

金型は昔から、いろいろな所で使われています、
特に自動車の部品は金型で作られたものが大部分だと思います。
弊社ではロストワックス製作に金型が必要となります。

その金型ですが、気になるところはイニシャルコスト(初期投資)です。
この経済性についてお話したいと思います。

溶接治具を作る場合は材料費と加工費だけですが、それに対して金型を使った場合は
材料費+加工費+金型償却費(製作費を総生産数で割ったもの)となります。

例)
50万の金型で、500個作れば、1個あたりの償却費は1,000円ですが、
10個のみの生産では50,000円になります。

このことから金型を使う場合と、直接切削加工などで作る場合の
比較で、ある程度の生産数が見込みがある場合は均一なものを早く
安くつくれる金型のほうがよいと言えます。

これまで『ロストワックス化にしたいけど~金型費が・・・』って思った方は~
 ⇒今すぐお問合わせ下さい!
 リデザインにてコスト削減、軽量化、寿命UP、油回りなど向上した治具を提案
 ご協力させて頂きます!

ロストワックス金型

ロストワックス金型

新工場引越し

引越し中の写真です。

廊下がピカピカですね
工場の外見ですが、まだ塗装が済んでないので
塗装後の写真は後ほど公開致します~

工場 中

工場 中

工場 外

工場 外

Best wishes for the New Year!

新年あけましておめでとうございます。 

本年も、より一層のご支援を賜りますよう、
心よりお願い申し上げます。

皆様のご健勝と貴社の益々のご発展を心よりお祈り致します。
本年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。

▲ページ先頭へ戻る